update

「宿泊施設向け日本酒オンライン講座~
日本酒をテーマにした宿泊プラン造成~」開催レポート

 

 2020年10月22日オンラインにて、福島県の宿泊施設向けに日本酒を活用した宿泊プラン造成セミナーを福島県と楽天の共同で開催しました。自治体と共同開催する宿泊施設様向けのオンラインセミナーは初めての開催となりましたが、県内の30の宿泊施設、約50名の方にご参加いただきました。

 福島県を訪れる人に、ゆっくり泊まって美味しい日本酒を味わってもらいたい。日本酒に関心のあるお客様にとって魅力的な宿泊プランとはどんなものなのか。女性向けプランのポイントは何か。飲み比べプラン造成のポイントなど、工夫次第で実践いただける様々なヒントを、県内外の成功事例を交えながらお伝えしました。

 楽天ではホテルや旅館など宿泊施設様に、お客様に満足いただけるプラン作りなど、楽天トラベルを有効活用してもらい集客につなげる施策を共に考える地域に根差したインターネットトラベルコンサルタントが在籍しています。

 皆様の地域における課題を共に考え、連携し、その先を創るパートナーでありたいと考えています。

 

 

プログラム

12:03~12:06 ご挨拶

12:06~12:10 楽天のデータから見る”福島県の日本酒”

12:10~12:50 「飲み比べセット」で売上げを上げるには
       コンテンツプロデューサー:熊坂 仁美氏

12:50~13:10 日本酒の仕入れと満⾜度向上のコンシェルジュ制について
       日本酒コーディネーター:山口 広幸氏

13:10~13:30 質疑応答

 

 

プログラム概要

・楽天のデータから見る”福島県の日本酒”

 

当日の講演資料の抜粋

 

 

・「飲み比べセット」の現状 ~県内宿泊施設アンケート調査でわかったこと~
 事前に日本酒の「飲み比べセット」に関して県内の宿泊施設へヒアリングしたアンケート結果を紹介、リアルな現状をお伝えいたしました。

 

当日の講演資料の抜粋

 

 

当日の講演資料の抜粋

 

 

・「日本酒の基礎知識」 ~セット醸成のために押さえておきたいポイント~
 日本酒の基礎知識をはじめ、福島県の日本酒の特徴、ワインなど他のお酒と比較することでわかる日本酒の魅力をご紹介いただきました。

 

・「飲み比べセット」の醸成 ~付加価値をつける銘柄の選定と見せ方~
 「飲み比べセット」を醸成する場合の軸となる考え方や見せ方、福島県ならではの魅力の伝え方をお伝えいただきました。

 

熊坂氏の講演の様子

 

 

・女性の発信力を引き出すには ~「映える」ビジュアルの作り方~
 宿泊施設を活用した「映える」を作り出すためのコツや活用したい酒器、写真の撮り方などをご紹介いただきました。

 

・「日本酒の宿」に学ぶ ~酒ブランドのある他県の事例~
 日本酒を活用して売り上げを作っている県内外の宿泊施設様の事例を交えて、明日から実践できる内容の事例から、今後取り入れていきたい事例までご紹介いただきました。

 

・日本酒の仕入れについて
 宿泊施設様がハードルが高いと思っている日本酒の仕入れについて業界の仕組みから、仕入れ方法までご紹介いただきました。

 

・コンシェルジュ制の導入

 

山口氏の講演の様子

 

 

さいごに

 我々楽天グループは今後も地域における経済対策を共に考え、その先を創るパートナーとなるべく、地域活性に貢献していきます。

 

 

熊坂 仁美氏
熊坂 仁美氏Hitomi Kumasaka


慶應義塾大学文学部卒。福島にてデジタルマーケティングアドバイザーとして企業や自治体の情報発信のサポートを行っている。福島市観光コンベンション協会理事も務める。ワイン、日本酒関連の執筆を行っている。

資格(一社)日本ソムリエ協会認定 ワインエキスパート / SAKE DIPLOMA
WSET SAKE LEVEL3(英語) / WSET WINE LEVEL3

山口 広幸氏
山口 広幸氏Hiroyuki Yamaguchi


唎酒師。日本酒コーディネーター。震災後すぐに、ふくしまの日本酒に特化した飲食店を経営し、蔵元を呼んでの日本酒の会の定期開催など行う。現在は日本酒コーディネーターとして、日本酒セミナー講師やふくしまの日本酒のPR・拡散活動などを行う。福島県観光交流課主催、2019年度「ふくしま酒蔵めぐり女子旅バスツアー」ではコーディネートとツアーガイドを担当。