AD Case Studies Interview広告事例インタビュー

関連メディア :
楽天トラベル

キャンペーン期間:2016年以降の実施キャンペーン事例を下部に掲載
楽天に出向して見えた『官公庁による楽天の活用方法とビッグビジョン』

楽天株式会社出向中の官公庁職員インタビュー

楽天トラベル 石榑達甫(いしぐれたつほ)さん(左)と一幡堅司(いちまんけんじ)さん(右)
楽天トラベル 石榑達甫(いしぐれたつほ)さん(左)と一幡堅司(いちまんけんじ)さん(右)

-楽天では、さまざまな官公庁と組んで、地域振興や社会課題に働きかける取り組みを行っています。今回は官公庁と楽天、両方の立場を経験していらっしゃる石榑さん、一幡さんに、楽天が出来ることの可能性、この組み合わせだからこそ起こせるムーブメントなどについてお話しいただきたく思います。まずはお二人のプロフィールからお願いします。

石榑さん:私は岐阜県岐阜市役所から昨年4月より出向して来ました。昨年はCSR部に、今年4月からは楽天トラベルの方に勤務しています。ちなみに楽天と岐阜市の連携事例としては人材交流以外にも、楽天ブログを活用して岐阜市の情報発信をするといったことも行っています。

一幡さん:私は今年の4月に兵庫県豊岡市役所から参りました。豊岡市は2020年に向けて「外国人宿泊者数10万人」を目標に掲げていまして、数年前からその取り組みを進めています。私がこちらに来る前は、楽天トラベルの方が豊岡市の方に出向して来ていたのですが、外部人材に頼るだけでなく、市役所内にも専門性を持った人材をということで、今回は私の方が楽天に参りました。みっちり勉強して帰って、豊岡市を盛り上げないといけません(笑)

 

■楽天での業務内容

-現在は楽天トラベルに所属されているということですが。

石榑さん:私は国内営業グループ コンサルティング営業グループで伊豆・箱根エリアを担当しています。エリア内のお客様(宿泊施設様)の売り上げアップにつながるご提案をしています。

一幡さん:私も同じ部署におりまして、京都エリアを担当しています。

石榑さん:お客様には楽天トラベルに宿泊プランをご出稿いただいていますが、中にはネットに詳しくない方もいらっしゃるので、「ネットの場合、写真はこうした方がいいですよ」といった改善案をご提案したりしています。

一幡さん:一日に何名がその宿泊施設のページを見て、最終的に何件予約が入ったかの日別データを分析して、「今週は予約が少なかったから、来週はこういうプランにしてみませんか」といったコンサルティング的なお手伝いもさせていただいています。

-実際に楽天で働いてみた印象はどうですか?

石榑さん:実は出向前は、楽天のイメージはザ・大企業、ちょっと意地悪な言い方をすると上目線?(笑)という先入観を持っていたのですが、実際に働いてみると、お客様と同じ目線に立って課題を見つめ、一緒になって「地域を盛り上げましょう」という姿勢を感じます。

 

■楽天が地方自治体を元気にする

-おふたりとも地方自治体から出向されていますが、最近の楽天と地方自治体の取り組み事例として、石榑さんご出身の岐阜市との「岐阜市信長公450プロジェクト」があります。もともと“楽天”の名前は織田信長の“楽市楽座”に由来していますから、そのご縁もあり岐阜市にご提案させていただきました。イベント会場で楽天市場の人気スイーツを販売しましたが、楽天が地域を元気にする一助を担った事例です。

織田信長が岐阜に入城し「岐阜」と名付けて450年になるのを記念したイベント。2017年5月13・14日に岐阜市で開催。
織田信長が岐阜に入城し「岐阜」と名付けて450年になるのを記念したイベント。2017年5月13・14日に岐阜市で開催。
※出典:岐阜市信長公450プロジェクトホームページ
http://www.nobunaga450.jp/event/event-1845

石榑さん:東海エリアでまだ販売実績が無かった楽天市場のスイーツなど、楽天が入ることによって一自治体だけでは出来ない賑わいが生まれることがポイントかと思います。地元のイベントや観光地には地元の人はわざわざ出かけないですから(苦笑)、市内から盛り上げていくのは非常に大事です。その一手として楽天市場の人気商品が食べられるというのはいいですね。物産に限らず、楽天とタッグを組んで仕掛けることで「行ってみようかな」という気持ちにさせる、起爆剤になる可能性は大きいですよね。

-これは物産を使った事例ですが、この他にも楽天の資産と自治体の魅力・特徴を組み合わせる方法はいろいろ考えられますね。

石榑さん: 岐阜には、1300年以上続く「長良川鵜飼」があります。この歴史ある文化を未来へ継承していくために、ユネスコ無形文化遺産への登録を目指していますが、そのためには鵜飼の魅力だけでなく、エリア全体として“点”をつないだ“面”の魅力をアピールする必要があると思っています。もっと多くの人に足を運んでいただくために、例えば複数の宿泊施設様と連携してオリジナル宿泊プランを作ってみたり、また、あまり知られていませんが岐阜は枝豆が有名なので、宿泊された方へのウエルカムサービスを、お茶菓子と緑茶ではなく岐阜枝豆とビールにしてみるとか。 「岐阜にしかないもの」が旅行客に選ばれ、誘客につながっていく。エリア独自の色を大事にしたオリジナル宿泊プランなどを、上手く使っていけると有効かと思います。

-地元の物産品を活用したオリジナル宿泊プランですね。いいじゃないですかビール、個人的にはお茶より嬉しいです(笑)。もう一つ、一幡さんの豊岡市も含まれた事例として、「楽天トラベル レンタカーで巡る山陰海岸ジオパーク」というのもあります。鳥取・兵庫・京都のダイナミックな自然、絶景を感じてもらおうという趣旨で、宿泊だけでなく、楽天トラベルのレンタカーもご利用いただき、ポイントを獲得してもらおうというものです。
実は今年も第二弾を実施することになったのですが、新しい試みとして台湾向けにプロモーションを行います。台湾楽天カードの会員数は約25万人、その入会者の6割は入会時に「半年以内に訪日・決済をする」と答えた親日派のカード会員です。彼らもターゲットに取り込みを考えています。

一幡さん:この辺りは鉄道が不便で車でしか行けないところが多いので、ストレートに「レンタカーで回ろうよ」という提案はわかりやすいですね。実は豊岡市でも、山陰海岸ジオパーク内をバスツアーされる団体に経費の一部を補助しています。バス企画はどうしても団体でないと成立が難しいですが、レンタカーなら個人のお客様を取り込めますし、インバウンドにも良さそうですね。時代はOTAですから。

-今後、どんなことが出来たら、もっと山陰海岸ジオパークは面白くなると思いますか?

一幡さん:京都、大阪などと比べて、丸一日過ごせるコンテンツに自信がない場合、他の観光地とセットにして回ってもらう施策は重要です。そんな中、山陰海岸ジオパークであれば、エリア内のスポットを回れば回るほどポイントが貯まって、地元ならではの特典がもらえるとか、周る楽しみ・仕掛けができたらいいですね。

-“面”での魅力をいかに魅せ、周遊させるかですね。一幡さんのアイデアに近いものとして「楽天チェック」があります。その場に行ってチェックインしたらポイントが貯まるしくみで、エリア内に入ると「近くに○○○がありますよ」と教えてくれるので、「せっかくだったら行っとく?」という背中押しにもなる。自治体の方に説明する時は「楽天ポイントの貯まるポケモンGO」と言っています(笑) 。既に利用済みの自治体も複数あります。

一幡さん「丸一日過ごせるコンテンツが無い場合、近隣観光地とセットで誘客するのは重要」
一幡さん「丸一日過ごせるコンテンツが無い場合、近隣観光地とセットで誘客するのは重要」

■楽天と中央省庁の係わり合い方

-地方自治体と国内営業、両方の視点を持つお二人ならではの見解をいろいろいただきましたが、もうひとつ枠を広げ、楽天×中央省庁の事例を見ながら、今後の可能性についてさらに考えていきましょう。

FOOD ACTION NIPPONフード・アクション・ニッポンとは、日本の食を次の世代に残し、創るために、民間企業・団体・行政等が一体となって推進する、国産農林水産物の消費拡大の取り組み。
FOOD ACTION NIPPONフード・アクション・ニッポンとは、日本の食を次の世代に残し、創るために、民間企業・団体・行政等が一体となって推進する、国産農林水産物の消費拡大の取り組み。
http://event.rakuten.co.jp/area/special/22ndcafe/

-これは「22世紀食堂」という、農林水産省「FOOD ACTION NIPPON」と楽天市場の取り組み事例です。簡単に言うと「国産の食材をもっと食べよう!」という掛け声の下、さまざまな企業や官公庁が一体となって、国産食材のPRや購入・消費の推進を行っています。楽天への期待値としては、①ユーザー数(データ数)、②商品点数、③出店店舗 です。①のユーザー数は、楽天にはお取り寄せしてでも美味しいものを食べたいこだわりグルメ層が数百万人(購買者ベース)~数千万人(閲覧者ベース)います。「22世紀食堂」では、この層に②の各都道府県の地域産品を紹介し、欲しいものは③の出店店舗で購入してもらうという一貫性のある流れを展開しました。おかげ様でご好評いただき、今年も第二弾を予定しています。

石榑さん:官公庁視点だと、買ってくれそうな見込層にリーチできるので投資しやすいでしょうね。また生産者のこだわり・想いをWebで詳しく伝えられることは、自治体のティーアップにもなります。さらに農業体験を観光コンテンツ化できれば、観光誘客にも繋げられます。

一幡さん:豊岡市の恒例行事で「菓子祭前日祭」があります。市を代表するイベントの一つですが、楽天の「スイーツジャンル」ユーザー をこのイベントに告知・集客できると、更に盛り上がると思いました。

-官公庁様との取り組みで、特に、楽天が期待されているポイントとしては、B to B to Cモデルです。〔楽天市場・楽天トラベル〕→〔全国の地元事業者や宿泊施設〕→〔エンドユーザー(消費者)〕というプラットフォームがビジネスモデルです。官公庁からは、プロモーションを実施後、プラットフォーム内の複数の地元事業者がそれをきっかけに、継続的かつ主体的に自走を始めているという点を評価頂いています。

2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す運動。
2030年度の温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のために、日本が世界に誇る省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す運動。
※出典:COOL CHOICE ウェブサイト
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/

-ほかにこのような事例もありまして、昨年環境省と実施した「COOL CHOICE」という取り組みになります。COOL CHOICE=“賢い選択”をして節電やCO2削減効果の高いエコ家電を買いましょう、と働きかけるいわゆる啓発プログラムです。「22世紀食堂」と同じく、数百万人いる楽天の家電購入ユーザーに対してリーチし、エコ家電市場を拡大しようという狙いです。具体的には楽天市場の中に「COOL CHOICE」のキャンペーンページを設け、ユーザーはそのページで紹介されているエコ事例に賛同してツイッターでつぶやくと、楽天スーパーポイントを山分けでもらえるというものです。家電の購入拡大はもちろんですが、実際にCO2削減が実現されれば、CSR的にも非常に意義のある事例だと思います。

石榑さん:先程の農林水産省事例と同様、分かりやすく買いたい人(家電検討層)に訴求できるのに加えて、販売した商品個数から推定CO2削減効果を見える化できたことが注目すべき点かと思います。
ちなみに、環境省や林野庁の関連で言うと、去年私が関わっていたCSRのプロジェクトに「楽天の森」(※)というのがあります。東北楽天ゴールデンイーグルスのマスコットのモデルであるイヌワシが住む環境を守ろうということから始まったプロジェクトですが、環境省や林野庁が推進している森林の環境保全への取り組みとも深く関わっています。

※楽天の森について
2014年から、楽天に関わる多くの皆様とともに生物多様性保全の取り組み"楽天の森"を実施。森林の整備を行うことは多様な生物の生息地を作り出すことにつながる。イヌワシのみならず、多様な生物のための取り組みを全国各地で進めている。
https://corp.rakuten.co.jp/csr/forest/
https://corp.rakuten.co.jp/donation/forest_ja/forest_ja.html


-森林、ですか?不勉強で恐縮なのですが、どんな取り組みか詳しく教えてもらってもいいでしょうか。

石榑さん:そうなんですよ~、知らないという声をよく聞きます(苦笑)。都心の公園でイベントをやってたりするんですが、ご存知ないですかね。 日本は国土の約7割(67%)が森林ですが、適切な管理がされず放置された人工林を多く抱えています。森林が放置されることは、生物多様性の低下や、土砂災害の発生など様々な問題を引き起こしてしまう。自然豊かな日本を将来に渡って残していくには、間伐など人の手を加えることが必要です。「楽天の森」では、楽天と係る様々なステークホルダーの方の支援やユーザーの方からの募金(クラッチ募金)によって、森を生きた森に変える活動を行ってきました。今年の森林・林業白書でも取り上げていただいています。
森林を間伐し、生まれた木材を活用して商品が出来る。その商品を楽天市場で販売する。そこで生まれた売上を活用して、森の管理を行なう。現状の活動に加えてそういうサイクルが作れたら、林業の担い手不足などの雇用問題、環境問題、さまざまなことに影響を与えることができ、みんながハッピーになれる。楽天はまさにB to B to Cなので、to Bには社会的なテーマの投げかけができ、to Cには日常生活に近い身近な場から、そのテーマに基づく発信が出来る立ち位置にいるのだと思います。



-では、最後になりましたが、出向から戻られた後の楽天との取り組みイメージについてお聞かせください。

一幡さん「どれだけの施策投下でどれだけの結果になり、どう次に繋げるかというPDCAは事後活かしたい」
一幡さん「どれだけの施策投下でどれだけの結果になり、どう次に繋げるかというPDCAは事後活かしたい」

一幡さん:楽天の中で経験できていることとして、「どれだけの施策を投下すると、どれだけの流通・結果が得られるかが見える化されている」というPDCAが勉強になります。出向で楽天にいる間に一つでも多くのノウハウを身に付け、豊岡市でも活かしていきたいと思います。

石榑さん「今後も、楽天のようなプラットフォームは上手く活用したいし、もっと活用すべき」
石榑さん「今後も、楽天のようなプラットフォームは上手く活用したいし、もっと活用すべき」

石榑さん:一自治体それぞれが予算を投下するよりも、楽天のような大きなプラットフォーム(会員/データ/事業者)を活用する方が、世の中にインパクトを出せるのでは、と思ってます。一自治体もしくは官公庁単体ではなかなか出来ないことを、引き続き楽天を活用してやっていきたいですし、楽天をうまく活用して世の中を動かす官公庁のスマートな取り組みに期待したいです。

-有難うございます。我々としても、楽天単体が動くのではなく、パートナーである事業者様と二人三脚で、日本を、そして世の中を発展的な方向へ持っていけるよう、官公庁事業に取り組んでいきたいと思ってます。 今日は長時間いろいろなお話をいただき、ありがとうございました。

 


広告事業 パブリックアカウントグループのご紹介
広告事業 パブリックアカウントグループ

楽天グループの外部向け広告販売部門のアドソリューションズ事業の中で、官公庁(中央省庁、地方自治体、外郭団体等)の抱える様々な社会的課題に向き合い、楽天のアセット(データ、自社複合サービス、事業者パートナー)を活用した最適な調査分析・コンサルテーション・プロモーションを官公庁へ提供する営業・企画組織。

官公庁事例資料紹介
楽天広告事例:農林水産省「22世紀食堂」様

楽天市場タイアップ事例

農林水産省「22世紀食堂」様

2016年6月~11月

~生まれてくる子どもたちへ日本のおいしい食材を受け継いでいくために~
農水省「みんなではぐくむにっぽんの食」および「フードアクションニッポン」の一環として、楽天市場・まち楽で、日本のおいしい食材を紹介・販売する「22世紀食堂」を展開。ピックアップした県の特産品やレシピ食材の紹介から、気に入った食材をそのまま購入できる座組みまでご用意。

関連メディア :
楽天市場
関連広告商品 :
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:環境省様

2016年10月31日~2017年1月31日

楽天市場で「COOL CHOICE」促進プロモーションを実施。クーポンやポイントをフックにした「COOL CHOICE」の普及・浸透、「COOL CHOICE」の賛同促進(署名の獲得)、「COOL CHOICE」商品の購入促進(旧型製品からの買換え)、さらに楽天市場の商品価格ナビと環境省が運用する省エネ比較サイト「しんきゅうさん」の連動で、価格比較と合わせて省エネ比較が可能です。※「しんきゅうさん」の連動は2017年実装予定

関連メディア :
楽天市場
関連広告商品 :
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:全国農業協同組合中央会様

楽天レシピタイアップ事例

全国農業協同組合中央会様

2017年2月28日~2017年4月11日

楽天レシピでのレシピコンテストによるコンテンツ拡充と消費者リサーチを目的として、全国農業協同組合中央会様の楽天レシピタイアップを実施。お手本レシピとポイントをフックにしたレシピコンテストへの参加と宣言(アンケート)を通して、国産野菜の啓蒙を図ります。
【第一弾】浜内先生考案「国産野菜丸ごと使い切りレシピ」、国産野菜使い切り宣言(2017/2/28~2017/3/28)
【第二弾】楽天レシピ公式アンバサダー考案「国産野菜ぱくぱくベジレシピ」、国産野菜苦手克服宣言(2017/3/14~2017/4/11)

関連メディア :
楽天レシピ
関連広告商品 :
楽天ターゲティングメール
楽天DSP
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:スペイン政府観光局様

楽天レシピタイアップ事例

スペイン政府観光局様

2016年7月27日~2016年8月31日

「旅行・グルメ」への関心も高い楽天レシピ上で、スペイン料理のレシピや観光情報を紹介。
さらに、スペイン産ワインなど関連商品が購入できる楽天市場への誘導や、スペインの宿泊施設予約ができる楽天トラベルへの誘導など、「食」を切り口にした、楽天レシピ×楽天市場×楽天トラベルの連動で、スペインのグルメ・観光の認知拡大を図ります。

関連メディア :
楽天レシピ
楽天市場
楽天トラベル
関連広告商品 :
楽天ターゲティングメール
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:愛知県、名古屋市、一般社団法人愛知県観光協会、公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー 様

愛知・名古屋の観光PRイベント実施事例

愛知県、名古屋市、一般社団法人愛知県観光協会、公益財団法人名古屋観光コンベンションビューロー 様

2017年6月10日~2017月6月11日

都内近郊の子連れファミリー層をターゲットに、二子玉川ライズ ガレリアで愛知・名古屋の観光PRイベントを開催。忍者隊・武将隊による演武ステージや「愛知・名古屋のうみゃーもん大集合!」(物産展)のほかに、今年オープンの「レゴランド®・ジャパン」やレゴコンテンツも揃え、愛知・名古屋の興味喚起、一層の誘客促進を図ります。

<イベント概要>
開催日:2017/6/10(土)~6/11(日)
会場:二子玉川ライズ ガレリア
内容:
・徳川家康と服部半蔵忍者隊/名古屋おもてなし武将隊演武ステージ
・「愛知・名古屋のうみゃーもん大集合!」(物産展)
・レゴで制作した名古屋城オブジェ展示、親子向けレゴで作る金鯱ミニワークショップ ほか

関連メディア :
楽天トラベル
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:長野県 観光部 観光誘客課様

楽天DSPにおける効果検証・最適化事例

長野県 観光部 観光誘客課様

2016年10月~2016年11月

長野県の観光資産である、『自然体験』『歴史遺産』『食の魅力』などのコンテンツと、楽天が保有するビッグデータ(会員属性情報、楽天市場の行動履歴、楽天トラベルの活用情報など)を、それぞれ掛け合わせ、セグメントやクリエイティブなど、いくつかの項目で効果検証と最適化を行いました。

数値化、可視化されたレポーティングを基に、親和性の高いセグメントを見出し、PDCAサイクルを実施することにより、効率の良いサイト誘導、長野県施設への誘客促進を実現しました。

※通年で各季節実施。秋季の一例
【配信期間】10月:2016年10月21日~10月31日  11月:2016年11月11日~11月30日

関連広告商品 :
楽天DSP
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:神奈川県庁様

2017年2月7日~2017年3月15日

神奈川県在住の方をターゲットに、神奈川県が運営する健康・未病状態が見える化できるアプリ「マイME-BYOカルテ」の認知理解、アプリ登録・利用促進を目的として、ポイントキャンペーンを実施。

関連メディア :
楽天スーパーポイントギャラリー
関連広告商品 :
特典付キャンペーンニュース
楽天カードニュース号外
楽天ターゲティングメール
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー様

プレゼントキャンペーン応募促進プロモーション事例

一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー様

2017年1月31日~2017年3月2日

富裕層をターゲットに、「新しい沖縄」旅行の需要喚起を促すプロモーションを実施。デジタル広告、交通媒体(※1)、TV番組(※2)、雑誌媒体、パンフレットをフル活用し、出口にプレゼントキャンペーン応募を設定、応募促進を図ります。
(※1)東急線の中吊り広告、車内ビジョン、改札上部モニター、駅構内ラックにパンフレットを設置。
(※2)2/23・3/2は、BS日テレ「料理人・松平健 にっぽん食の道」(木曜19:00~19:54)で特集を放送。

関連広告商品 :
楽天カード
楽天ターゲティングメール
楽天DSP
楽天アドネットワーク
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:岐阜県庁様 

2017年1月30日~2017年3月26日

岐阜県内「山・鉾・屋台行事」のユネスコ無形文化遺産登録(2016年12月)を契機に、岐阜県の認知度向上と宿泊滞在型観光の促進を目的としたWEB×イベント×リーフレットを活用したプロモーションを実施。「和モダン」を統一テーマに、WEB・PRイベント・リーフレットの各施策が宿泊予約促進に全てつなげるプロモーションを展開。

関連メディア :
楽天トラベル
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:韓国観光公社 東京支社様

楽天Infoseekタイアップ事例

韓国観光公社 東京支社様

2016年10月26日~2016年12月25日

韓国初となる公演型アイドルグループ「少年24」の認知理解を目的として、楽天Infoseek×楽天トラベルタイアップを実施。ポイントをフックにした動画視聴やSNS拡散、また韓国で開催されるライブ公演チケットプレゼントをフックにしたチケット申し込み、韓国旅行の予約促進を図ります。

関連メディア :
楽天Infoseek
楽天トラベル
関連広告商品 :
楽天DSP
楽天ターゲティングメール
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:愛媛県庁様

2016年10月3日~2016年12月26日

楽天トラベルで、愛媛県の観光PR促進を目的としたWeb×イベント×予約商品を組み合わせた総合プロモーションを実施。『愛媛はヒメ旅』の制作動画等を載せた特集ページや、東京・有楽町での物産イベントを通して、愛媛県の認知拡大と興味喚起、宿泊プランやクーポンをフックにした宿泊+航空券・高速バスの予約促進を通じて、愛媛県の観光誘客を図ります。

関連メディア :
楽天トラベル
関連広告商品 :
楽天アドネットワーク
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:山鹿市商工観光課(熊本県)様

楽天トラベルタイアップ事例

山鹿市商工観光課(熊本県)様

2016年7月20日~2016年8月15日

楽天トラベルで熊本県山鹿市様× “紙兎ロペ”のコラボタイアップ企画を実施しました。全国的に認知度を上げるため、『めざましテレビ』でお馴染みの“紙兎ロペ”とのコラボ企画『紙兎ロペ山鹿灯籠まつりバージョン』を制作。楽天トラベルタイアップページ上やYouTubeで告知動画を配信し、山鹿灯籠まつりの認知拡大・来場促進を図ります。タイアップページから直接、航空券・宿泊予約も可能。イベント当日は紙兎ロペとあきら先輩も来場し、イベントを盛り上げます。

関連メディア :
楽天トラベル
関連広告商品 :
楽天DSP
≪広告事例一覧はこちら≫

 

楽天広告事例:公益社団法人 石川県観光連盟様

楽天トラベルタイアップ事例

公益社団法人 石川県観光連盟様

2016年6月13日~2016年7月24日

親和性の高い楽天トラベルで、旅行・グルメ関心層をターゲットにタイアップを実施。
ポイントをフックにしたSNS拡散、石川県の観光集客や宿泊需要を醸成。

関連メディア :
楽天トラベル
関連広告商品 :
楽天ターゲティングメール
≪広告事例一覧はこちら≫

 

Latest Information最新情報
[東京/二子玉川][楽天DM]

[セミナー] 初の「楽天DM広告セミナー」開催!

田代 裕樹
田代 裕樹
山口 暁
山口 暁
[南青山/新青山東急ビル8F][楽天]

[セミナー] データ活用で得られる消費者インサイトとターゲティング

渡邉 桂子
渡邉 桂子
Feature Cases広告事例ピックアップ
楽天広告事例:楽天に出向して見えた『官公庁による楽天の活用方法とビッグビジョン』
インタビュー&事例公開
楽天に出向して見えた『官公庁による楽天の活用方法とビッグビジョン』

楽天広告事例:ベネッセコーポレーション様
2008年8月22日~
ベネッセコーポレーション様
成果報酬型プロモーション