Rakuten Group Mediaメディア紹介 楽天トラベル

楽天トラベル
旅の思い出と共に記憶に残る消費者体験。
楽天トラベルのセグメント、シーン別の訴求で
効果的なプロモーションが可能です。インタビュー:楽天株式会社 トラベル事業 地域振興事業部 広告営業グループ 

POINT1ビジネスパーソン、消費行動活発な男女へ訴求

楽天トラベルは2001年にインターネット上で宿泊予約ができる総合旅行サイトとしてサービスを開始し、現在登録されている施設は約30,000施設にのぼります。
ユーザーの多くは出張などで利用するビジネスパーソンがメイン。男性が約5.5割、女性が4.5割となっており、30代~50代の消費行動活発な男女が全体の半分以上を占めています。

楽天トラベル利用者:男女比
楽天トラベル利用者:男女比
(2017年10月楽天トラベル調べ)
楽天トラベル利用者:年代比
楽天トラベル利用者:年代比
(2017年10月楽天トラベル調べ)

POINT2シーンで訴求する楽天トラベルのサンプリング

楽天トラベルキャプチャ画像

30,000施設の中から、地域別や「ビジネスホテル・高級ホテル・温泉宿」など宿泊施設のカテゴリ別に、訴求商材にマッチしたサンプリングが可能です。
また宿泊を伴いますので商品をその場で体験いただくことができます。

ユーザーにとって「旅行シーン」というのは非日常であり、特別なもの。

そんな旅先のシーンで商品を訴求することは、思い出と一緒にユーザーの記憶に残りやすく、好意的な印象を与えることができると考えています。

商品をユーザーにお渡しするタイミング、すなわちユーザーとのタッチポイントは、受付でチェックイン時にホテルの方から直接お渡しをさせていただくケースや、コーヒーマシンのような家電製品、またバスタイムに使っていただけるようなボディソープや洗顔フォームなどは、予めお部屋に設置することが可能です。
ユーザーに商品を使用していただくシーンごとにタッチポイントをご提供しています。


POINT3楽天トラベルならではのターゲティング



楽天トラベルは国内トップクラスの宿泊実績に加え、ダイナミックパッケージ・航空券予約、レンタカー予約、バス予約、海外旅行予約など幅広くサービスを提供しており、様々なシーンでの訴求が可能です。

セグメントは年齢や地域などの基本属性から、ビジネス、レジャー利用などの旅行履歴を活用でき、楽天トラベルならではのセグメントでターゲティングが可能です。