RMP - Omni CommerceOnline to Offline (O2O)

認知興味関心購買リピートファン化

STRENGTHSRMP - Omni Commerce の特徴と強み

RMP - Omni Commerce の特徴と強み

オフラインでも、
“購買”に基づく
IDマーケティングを

楽天IDに基づくオフラインの購買・行動データでユーザーをターゲティングし
楽天内外の様々なポイントで効果的な接点を創出。
ファクトデータに基づく、購買起点でのオフラインマーケティングを実現します。

オフラインの多様なタッチポイントでデータを蓄積

楽天が運営する「Rakuten Pasha」や「Super Point Screen」などのサービスを通じて、様々な
オフライン購買データや位置データを蓄積しています。

オフライン購買データや位置データ
Rakuten Pasha
レシートをパシャっと撮影することで、楽天ポイントを獲得できるサービス。
レシートを利用することで店頭での対応が発生しないターゲティングクーポンが特徴。
Rakuten Super Point Screen
広告ページを閲覧するだけで楽天ポイントを獲得できるお小遣いアプリ。
スマートフォンの待ち受け画面とユーザー位置情報を活用した広告配信が特徴。

※ユーザーから利用許諾を得た場合のみ

自由度の高い購買粒度のデータ

レシートで蓄積しているデータは、購入場所を問わず”買ったもの”まで蓄積が可能なため、
自由度が高く様々な活用方法が検討できます。

決済・購買データイメージ

POSSIBILITY実現できること

「楽天ID基盤」×「オフライン購買データ」を軸に、
オフラインマーケティングのフルファネルソリューションを提供します。

Sales Promotion
楽天IDでターゲティングすることにより、新商品販売や付加価値商品の販売押し上げなど、ニーズに応じ様々なオフラインにおける販売促進を実現できます。
Customer Relation
楽天が蓄積するユーザーデータに基づいてユーザー購買行動を理解するとともに、ユーザーとのコミュニケーションやキャンペーンなどを通して、ロイヤリティユーザーを拡大することができます。
Advertisement
楽天の70以上に及ぶサービスのユーザー接点に加え、ディスプレイ広告、SNS広告などの楽天外のユーザー接点も活用し、楽天IDに基づき接触を行えるユーザー消費行動の全段階に応えることができます。

※今後、順次ソリューションをご提供予定。詳細は担当者までお問合せください。

店頭での購入、ユーザーの育成、更に広告配信での有望層への働きかけを実施

Sales Promotion / Customer Relation / Advertisement

●RMP - Omni Commerce の資料ダウンロードはこちらから

※ご実施にあたってのガイドラインをご用意しております。資料と合わせ、ご確認ください。